自営業の始め方!最初の顧客の獲得方法3選

親族や知人や友人にアプローチする

会社を辞めて新たに自営業を開業する場合に一番大変なのは、初期の段階で顧客を獲得することでしょう。新規顧客を獲得する方法はいくつかあります。一つは、親戚や知人や友人にアプローチする方法です。親族といい関係を保っているのであれば応援してくれる可能性が高いでしょう。事業を開始したことを口コミで広げてくれる強い味方となってくれるはずです。同様に、知人や友人に最初の顧客になってもらう方法も有効です。最初の顧客になってくれさえすれば実績として残ります。友人であればその人のネットワークを使って宣伝をしてもらえるかもしれません。

前職の仕事関係者にアプローチする

会社員を辞めて自営業で開業する場合は、前職の仕事関係者にアプローチすることによって新規顧客を開拓する方法もあるでしょう。もちろん、親族や友人の場合と違って、会社を辞めたらそれまでという人間関係の場合が多いかもしれません。仮にアプローチをかけたとしても、会社という看板がなければ相手にしてもらえない可能性はあるでしょう。しかし、前職で誠実に仕事をしていたのであれば応援してくれる人もいるはずです。まったく自分を知らない人にアプローチするよりは効率的なのではないでしょうか。

Web上で新規顧客を集める

自営業を開業後、親族や友人そして前職の関係者にアプローチするだけではいつか見込み客のネタは尽きてしまいます。当然、一から新規開拓をして顧客を獲得していくことは避けられません。だからといって手当たり次第に訪問するなどの方法をとると、自分の貴重な時間が失われるばかりになる恐れがあります。そういったことを避けるために、Web上で新規顧客を開拓する方法を身につける必要があるでしょう。自分の代わりにホームページやブログ、メルマガ、SNSなどを駆使し集客することができれば効果的かもしれません。

世界初のフランチャイズはアメリカのケンタッキーフライドチキンだと言われています。日本では不二家やダスキンがその歴史をリードしてきました。