印刷は用紙の種類によって色の出方が違う!?その内容をしっかりと押さえよう!

用紙の種類によって色の出方が違う内容とは

印刷物と言うのは、用紙が持つ凹凸の凹の部分にインクを載せる事によって表現する媒体ですよね。この凹凸の細かさや大きさ、又は紙の持つ固さの違いによってインクの出方に違いが現れますよ。実際にパソコンで確認した内容と、実際に紙に印刷を行なった時では色の出方に違いが現れる事もあります。現在は、インターネットの普及が進み、データだけを印刷会社に渡し、印刷した内容を印刷会社から配布を行う業者に引き渡して目的の場所へ配布を行う事も可能ですが、必ず依頼主が印刷物に対して目で確認する事が大切ですよ。

商用利用で扱われている光沢紙とコート紙

紙を生産する会社によっても名称に多少の違いがありますが、一般的に商用利用として扱われているのが光沢紙と呼ばれている用紙とコート紙と呼ばれている用紙になりますよ。光沢紙は紙にツヤがあり、テカテカしているのが特徴であり、これは、ポスターやカタログなどに利用されています。コート紙もポスターやカタログに利用される事がありますが、光沢紙よりもツヤを薄めた用紙になりますよ。鮮やかに見せる場合は、光沢紙の利用が望ましいですが、光の反射が強い用紙を長時間見続けると目に負担を与えてしまいます。本文に対する文章量が多くなる場合は、コート紙を選ぶ事もポイントの一つと言えるでしょう。

最もよく見かける上質紙とは

上質紙とは、一般的なオフィスや家庭で扱われているコピー用紙と同じ用紙になります。上質紙は、光沢が最も少ないため目に負担を与える事が少なく、小説などにもよく利用されている用紙ですよ。ただし、紙にインクが滲んで現れる事もあれば、パソコンから見る色と実際の印刷物の色に大きな違いが現れる事もあります。写真などを扱う場合は、不向きな用紙と言われる事もあるため、上質紙を選ぶ場合はイラストに置き換えてデザインを行う事もポイントの一つと言えるでしょう。印刷物のコストとは、用紙による内応意外にも枚数の違いやインクの量の違い、特色の有無など、様々な要因によって違いが現れるため、全ての内容に対して見積もりを出してもらい確認をする事が大切になりますよ。

封筒印刷する際は、複合機での細かい設定があります。設定を間違うと封筒にしわがよったり、複合機が止まったりするので説明書を確認することをお勧めします。