発見困難!?トイレが詰まってしまう意外な原因

長く使い続けたトイレは詰まりやすい

トイレ詰まりは、異物や大量のものを流すなどの典型的な原因以外で、予測もつかない理由で起こってしまう場合があります。例えば、長年住み続けている住宅のトイレの便器には尿石や汚れなどが付着していて水が流れにくくなっており、その結果詰まりやすくなっていることがあります。強力な洗剤を使って落とせば直すことも可能ですが、こうした汚れがトイレを詰まらせている原因になっているとは予想がつきにくいため、放置されていることもあるのです。

トイレの便器交換時に施工不良があった

トイレの便器を交換してもらった直後に、突然詰まりやすくなった場合は、交換の際の工事に不具合があった可能性があります。陶器製のトイレの便器は壊れやすいため非常にデリケートに扱う必要がありますが、便器交換の工事自体は決められた場所に据え付けるだけなので、さほど難しい工事ではありません。技量を必要としない工事であるため作業に習熟していない作業員が交換を請け負うことが多いのですが、それにより手順を間違って正しく便器を取り付けず、結果不具合が出てしまいトイレが詰まってしまうこともあるのです。

トイレ自体には問題は無いのだけど

トイレに全く欠陥が無く、使用方法も適正であるにも関わらず詰まってしまう場合は、トイレではなく地盤が問題となっている可能性があります。トイレの内部構造は複雑で、想定しない傾斜があるとそれだけで詰まってしまうことがあります。地震などの影響によって地盤が変化すると、それによって生じた傾斜で上手く水が流れずに詰まりを誘発してしまいます。もし住宅全体に何らかの違和感を感じるようになったり、急にトイレの水の流れが悪くなったら、一度水回りの検査をしてみた方が良いかもしれません。

水道修理はトラブルが発生たら出張も迅速に行ってくれる業者を利用すると、問題も直ぐに解決が出来て良いといえます。